スタッフブログ

株式会社おりなす建材のスタッフブログです

今年のカブトムシ幼虫・クワガタ幼虫

2018年10月01日 Comment(0)

こんにちは。

昨日の台風はここ何年かでいちばんすごかった気がします。

朝から「ガラスが割れた」「カーポートの屋根が飛んだ」など何件もお電話をいただきました。

 

9月の二度の連休中に幼虫の割り出しをしました。

他にもメダカやエビなどもいるのでなかなか昆虫の方まで手がまわらなくて、やっと今日販売を開始するにいたりました。

この夏の猛暑の影響だと思うのですが、想定していたよりも幼虫の数が少ないです。

去年は3ペアのカブトムシをブリードして、幼虫が200頭以上いました。

お世話がけっこう大変だったので、今年は2ペアブリードしようと思い、弥栄産ホワイトアイとオキナワカブトムシを1ペアずつ。

それでも100頭は超えるだろうと思っていたのです。

ところが、ホワイトアイは60頭ほど幼虫を確保できたのですが、オキナワカブトムシはなんと12頭・・・。

とてもガッカリしました・・・。

今年はおかあさんカブトを産卵セットに入れてから10日ほどで幼虫がケースの外から確認できたので

孵化が早いな、暑いせいかな、とは思っていたのですけど。

オキナワカブトムシは孵化し始めたときはもっとたくさん小さな幼虫がみえていて、今年は去年より多いかもしれないと思っていたのです。

おかあさんカブトがお星さまになって、幼虫が孵化してある程度育つまで放っておく(去年もそうした)つもりでいたのですが、マットの減りが遅い・・・おかしい・・・と思ってはいました。

やっと割り出ししてみたらこんな結果でほんとにショックでした。

日があたらないエアコンのない部屋に置いていて、風通しはよくしているつもりだったのですが、やっぱり暑かったのでしょう。

大多数の幼虫が大きくなれなかったようです。

他にも譲ってもらった初令幼虫が消えてしまったり、割り出した幼虫が何頭も死んでしまったり、今年は例年と違うことがいっぱいありました。

もっと涼しいところに置いてあげればよかったです。

かわいそうなことをしてしまいました・・・。

クワガタは6月に私の父がなぜか事務所で発見して、私のために確保しておいてくれました。

クワガタのブリードは初めてで、クワガタのメスの種類の見分け方をいろいろ調べてヒラタさんだろうと判断しました。

そのこがこちら。

1ヶ月くらい産卵セットに入れていたら30頭ほど子供を産んでくれました。

それと8月の初めに近所に住んでいるいとこのおねえちゃんが、隣のコンビニの前にいたけどうちから逃げ出した子じゃないかといって1頭のメスのカブトムシを連れてきてくれました。

いいえ、うちの子ではありません。野生のカブトムシです。

そちらも産卵セットに入れてみたら、1週間ほどでお星さまになってしまったのですが、5頭の忘れ形見を残していってくれました。

5頭は羽化までうちで大事に育てます。

今年は去年より幼虫の数は少なくなったのですが、種類が増えました。

他にも外国産カブトムシやクワガタがいるので、ブリードがうまくいったら販売します。

幼虫が丸っこくなっている姿をみると、いかにも赤ちゃんっぽく感じてしまってかわいくて好きです。

好きじゃない人にはごめんなさい。

ぷりぷり

株式会社おりなす建材

住宅診断(ホームインスペクション)、リフォーム、アルミサッシ製造を中心に、建築設備事業を通して地域に豊かな生活を提供します。

〒883-0021
宮崎県日向市財光寺1796番地1

●公式ウェブサイト:https://orinasu.jp/
●電話:0982-54-3040
●お問い合わせ:メールでのお問い合わせ

コメントする

このブログについて

私たちの会社は小さな会社です。しかし、長年の知識と技術が詰まった会社でもあります。 どこにも負けない製品知識と技術で弊社とお客様、あるいはお客様同士、地域とお客様を結び付け織りなす会社を目指しています。

月別アーカイブ

スマホ表示